家調ホームサポート評判口コミ

ホームサポート【家調】調査

固定資産税 家調査

 固定資産税 家調査

 

固定資産税の家屋調査とはどのようなことですか?

 

家を建てたあとには、固定資産税における家屋の評価額を算定するために、

 

市役所の方がいらっしゃって、設備や間取りを確認しながら

 

“家屋評価に関する調査”が行われます。

 

家を建てたときの固定資産税額を決めるための調査です。

 

固定資産税の税額を算出するため、資産税担当職員が訪問し、

 

家屋の間取り、各部屋の仕上げ材、建築設備等の状況を拝見。

 

基本的には新築した時のみです。

 

通常は全部の部屋を見ますし外も見ます。

 

新築・増築した住宅に入居後、通常だと1〜3ヶ月以内に、

 

お住まいの地域の自治体から固定資産税の評価額を調べるための

 

家屋調査の連絡が入ります。

 

固定資産税の賦課期日は地方税法359条に「当該年度の初日の属する

 

年の一月一日とする」と規定されています。

 

つまり、毎年1月1日に存在する建物は4月から始まる年度の固定資産税の課税対象となります。

 

火災・地震保険申請アフターケア・フリーチェック住処アフターケアの家調いえちょう

 

火災・地震保険きちんと入ってる?

 

入ってないなら家調にお任せ!↓

 

公式サイト【家調】

 


 


家調

page top